不燃シート

不燃性透明帯電防止フィルム

不燃シートとはガラスクロスを軟質PVCなどの樹脂材料でラミネートした不燃性素材です。

建築基準法に基づいた不燃性能試験・評価を受け、国土交通大臣の許可を受けた建築材料のことを指します。表面のPVC(ビニール)が燃えても、中のガラスクロス自体は原型をとどめ、炎が突き抜けません。あくまで、『燃えない』ではなく、『炎が突き抜けない』という概念でとらえてください。建築基準法施行令第108条の2で定める技術的基準に適合する材料を指します。(右図参照)

火元を近づけても容易には燃えず、たとえ燃えたとしても『自己消化性』を有しているため、『燃え広がりにくい』、『燃えにくい』性質を持っています。 不燃と異なる点は元を近づけたままでは燃えてしまうことです

アキレス不燃クリア(不燃透明シート)

アキレス独自のフィルム製膜技術を利用して開発した、透明で帯電防止機能も付与した不燃フィルムです。
引火物を取り扱っている場所に最適です

  高透明 0.3mm厚X1000mm幅X20m(乱尺)

  • ガラスクロスを透明難燃PVCフィルムで挟み、高い不燃性を実現
  • 透明で柔らかく、緊急時には刃物で切って非難することも可能
  • 優れた帯電防止性能を付与
  • ガラスなど従来の不燃性素材に比べ、柔軟かつ軽量なため、従来防炎シート・ガラスを使用しているものの代替え用途に。
  • 不燃シート特有の折れ曲げによるシートの白化が少なく加工性に優れています。
  • 97%以上の紫外線カット率で、大切な資材・商品の劣化を防止
  • 炎をしっかりガード
ガラスクロスを透明のフィルムでサンドイッチ


アシスタントの
マキちゃん

と言うことは、「防炎」より「不燃」の方が燃えにくいのよね?

ビニール担当
ジローさん

どちらも火を近づけたら燃えるということは認識してくださいね。
不燃は炎をカードするという感じです。

ニコニコばばあ

「不燃」は高価なものですので、そこまでは・・・という方は「防炎シート」をご覧ください⇒